家庭用の防犯カメラで家族の平和な暮らしが守られる

男の人
  1. ホーム
  2. トラブルを防止

トラブルを防止

防犯カメラ

証拠にもなる

最近、ご近所トラブルが増えています。近隣のペットが立ち入って糞尿被害に遭ったり、通行人が自宅の庭にごみを投げ捨てたりと、さまざまなトラブルが発生しています。そこで、役立つのが防犯カメラです。防犯カメラは、24時間状況を録画してくれるので、不審なことが起こればすべて録画として残ります。そのため、防犯カメラを設置することによって、トラブルを未然に防止する効果が期待できます。さらに、仮にトラブルが起こってしまった場合にも、録画という動かぬ証拠があるため、解決がスムーズにできるのです。裁判になった場合にも、録画という客観的証拠があると、非常に有利にことが進みます。そうした観点から、ご近所トラブルが心配なら、防犯カメラを設置すべきです。

鮮明な画像が

最近の防犯カメラは、性能が上がっており、一般的な家庭用であっても鮮明な画像を残せるという特徴があります。肉眼では人の顔まで判別できなくても、解析技術も発達しているため、適切な解析を加えることで、特定の人物を割り出すことも可能になっています。防犯カメラは、一点に固定されて動画を撮影するものなので、できる限り多く設置し、さまざまな角度から撮影できるようにするべきです。いろいろな角度の動画が残ると、より一層犯人の割り出しに役立ちます。白黒よりはカラーを選び、あるがままの状況をおさえられるものを選ぶようにしましょう。こうした動画が一つ残されているだけで、裁判まで行かずに、犯人が反省することも多いです。