家庭用の防犯カメラで家族の平和な暮らしが守られる

男の人
  1. ホーム
  2. 大容量を保存

大容量を保存

家

映像の記録方式

防犯カメラを設置した場合、映像を記録することが必要になる。防犯カメラでは、抑止力として設置することや、その場所の状況をリアルタイムで把握するためなど利用用途は様々である。しかし、映像を後で確認したい場合には、記録装置と合わせて使用すること及び記録メディアの用意が必要になる。これらの防犯カメラの記録メディアとしても人気があるものとして、SDカードがある。SDカードは小型の記録メディアであり、カメラに直接挿入することなどで記録することもできる。最近のSDカードは、記憶容量も大幅に増えており、長時間録画することもできる。但し、ハードディスクなどに比べた場合にはまだ容量は小さいため、録画時間は考慮が必要になる。

利点

防犯カメラの記録メディアにSDカードを使用した場合、カメラ本体にスロットがあれば、そのまま挿入し記録できる。その為、場所を取ることが無く、利便性が高い。ハードディスクなどでは外部電源が必要な場合も多く、記録メディア用に電源を用意しなければならないこともある。しかし、SDカードは消費電力が非常に少なくて済むため、専用の電源を用意する必要が無い。また、小型であるということも利点である。最近の防犯カメラは小型のものが中心となっており、それを無線接続し別の場所で記録メディアに記録していくというものが多い。SDカードであれば、防犯カメラに直接つけることができるため、防犯カメラと一体として設置することもできる。